忘れないで!賃貸のデメリット

長期的に住むことが難しい場合がある

賃貸住宅については、一時的な仮住まいという傾向が強く、長い期間にわたって住むということについてはあまり適してはいません。
まず、リフォームをすることができないという点もありますし、高齢になると借りることができる物件の数も減ってしまいます。また、ファミリータイプの購入するタイプの住宅よりも少なく、探すのに手間がかかるということも考えられます。家賃については、賃貸物件に住む限りはずっと発生するので、将来のお金に不安がある人にとっては、不安材料にもなってきます。ですから、賃貸住宅を検討している人も、長期的なライフプランをよく検討した上で賃貸住宅に住むのか、新たに住宅を購入するかということを検討する必要が出てきます。

資産として残すことができない

賃貸に住んでいると家賃が発生しますが、その家賃や引っ越しの費用はただの消費であり、何年払ったとしても、資産としては残ることがありません。また、家賃だけではなく、契約更新時や更新事務手数料、敷金、礼金、仲介手数料といった諸費用についても、ただの消費になるだけになります。
これらの費用は老後になっても関係なく発生してきますから、老後のお金に不安がある人などは、家賃を支払っていくことができるのかどうか不安を感じることがあるかもしれません。住宅を購入する場合は、初期費用はかなりかかりますが、住宅や土地は保有資産となりますから、それをもとにお金を借りることもできますし、土地が値上がりすれば、それだけ自己資産が増えるということにもなります。

北見の賃貸では、利便性や快適性など、周辺環境に求める様々な条件を満たした物件が多数存在し、大きな満足感を得ながら暮らせます。